ナツミの敏感肌は飛んでいけ!


つらーい敏感肌でメイクもできない


敏感肌の場合、そのときの体調によってもその反応が変化します。疲れているときなどは、いつもより敏感肌の症状が強く出てしまうこともあるでしょう。そのようなとき、どのようなケアをしたら良いか分からなくなってしまうことでしょう。
もし、お化粧品などつけてお肌が炎症してしまったとき、まだお肌に熱感がある場合は、まずは炎症が治まるようにお肌を冷やしましょう。氷のようなもので冷やす必要はありません。冷たい水などで絞ったタオルなどで十分ですので、とりあえずお肌の火照りを納めましょう。
いろいろなスキンケアを試しても、なかなかよい化粧品にたどり着かなかったり、もしくはいつも使っているスキンケアが体調が悪いことによって、敏感肌の反応が出てしまったようなときは、無理なスキンケアをする必要はありません。とりあえず、お肌から水分が出て行ってしまうことを守りましょう。そのお肌の水分を逃がさないようにするためには、化粧水のような液体ではありません。
クリームなどこってりしたものがよいです。敏感肌用の優しいものでも荒れてしまう場合は、ひとまず医薬品のワセリンなどを塗って水分の蒸発を防ぎます。ワセリンは、栄養分こそ何も入っていませんが、肌の上に膜を作って肌の水分を閉じ込めてくれます。何をしてもダメなときは、ワセリンで対応しましょう。数日立っても治まらない場合は、一度皮膚科に診てもらうことをお勧めします。 肌に優しい敏感肌でも使えるオールインワンゲル情報ならこちらオールインワンゲル人気商品はコレ!NANAが教えるランキング

肌の乾燥がずーっと続く

最近特に肌が乾燥していたように感じます。冬の間の一番乾燥していた時期よりも足やひじがカサカサになっていて、かゆみや痛みもあります。冬場はやはり大分肌の乾燥に意識して、お風呂上がりはもちろん、何でもない時にも保湿するようにしていたというのに、今ではちょっと油断をしてしまい、肌のお手入れを怠っている分が乾燥肌として現れてしまっているのかもれません。
しばらく行っていた肌のお手入れをすぐに再開したけれど、そんなに急にはよくならないのが悲しいところです。若い時にはこんなに肌が乾燥することもなかったというのに、やっぱりこれも年齢のせいなのでしょうか?肌だけは自慢だった私にとってはこの乾燥肌には結構落ち込んでいます。
とにかく楽をしてはいけないということなのですね。これからは、今まで酷使していた肌を毎日いたわってあげないとなかなか私の思いには肌の方も応えてくれないようです。正直面倒だなと思いながらも、やはりかゆみがあるのと、白くカサカサになるのはたまらないので、それだけのお手入れは続けていきたいと思っています。
娘の若いピチピチとした弾力のある肌を見ると、私もあんな頃があったんだろうなとふと遠くを見つめてしまうことがあります。娘のことがちょっとうらやましく思えてしまうこの頃です。

女性の美容対抗意識

どこへ行っても男性よりも女性が気になります。同世代の女性が気になるのです。 40歳を超えてくるとどう頑張ってもあちこちに不具合が出てきます。シワっぽい、シミが出る、頬や顎の肉が弛む、 首にシワがある、首にいぼが出てくる、白髪が出てくる、髪の毛がパサつく、髪の毛にうねりがでてまとまらないなど、 キリがないほど難があります。
私はこんなに難を抱えているけれど同年代の人はどうかしら?そう思ってついついどんな時にもさりげなく観察してしまうのです。 そして同じように難を見つけると、正直、そうよね~、そうよね~!とホッとするのです。 反対に難がない人を見つけると、友達でもないのにインタビューしたい位です。
普段どんなお手入れをしているの?使っている化粧品は何?何か運動していますか? サプリメントなどは摂っていますか?美容院へはどのくらいで行きます?エステなどには行っていますか? 聞きたいことでいっぱいです。
40歳から50歳はおばさんだと思っていて実際そうなのですが、でもまだ老人には早くて微妙な年頃なので、 自分の老いを認められない年代でもあると思っています。 早く自分の老いを素直に受け入れられる70歳くらいになって楽になりたいなぁと思います。